もしもなってしまったときにすぐにヘルペスだと気付けるように症状を確認しておきましょう

ヘルペスという病名はご存知でしょうか。その名前は知っているという方も多いかもしれません。とはいえ、その症状については知らない方もまた多いようです。今回は、ヘルペスの症状と原因について見ていきたいと思います。

もしもなってしまったときにすぐにヘルペスだと気付けるように症状を確認しておきましょう

■口唇ヘルペスの場合

口唇ヘルペスの場合には4段階を経て症状が変化します。まず始めは、唇の周辺がチクチクするなどといった小さな違和感が生まれてくるでしょう。同時にかゆみや熱感などを覚える方もいらっしゃいます。その後、患部が赤くはれ上がってきます。さらに数日後、水ぶくれが見られるようになります。

アド=ヘルペスのためのお薬はアイドラッグマートで http://www.idrugmt.asia/php/search.php?word=%83w%83%8B%83y%83X&act=search

初めて感染をされたという場合には、5mm程度の大きさであることが多く、再発をするほどその大きさが小さくなっていくのです。

■性器ヘルペスの場合

性器ヘルペスの目立った症状に就いては、

  • 性器もしくはその周辺に赤い発疹のようなものができる
  • ただれ状になる

などです。女性の場合には外陰や膣周辺・子宮頚部。男性の場合には亀頭や陰茎などに出来るケースが大半です。数日の潜伏期間を経た後、場合によっては38度を越える高熱が出てしまうという方もいらっしゃいます。発症すると感染した部分が痛がゆくなり、水ぶくれが発生します。

みずぶんれが潰れるとただれ状になり、排尿などにも痛みを感じることもあるでしょう。さらには、リンパ節が腫れてしまうこともあり、足の付け根が痛むなどという事もあるでしょう。

■帯状疱疹の場合
帯状疱疹の場合「身体の左右どちらかの神経」に添って赤みや水ぶくれが見受けられるでしょう。特に背中や胸・腹部などといった胴体部分・顔面に見らけることが多いでしょう。それに限らず、足や腕にでることもありますが原則としては「身体の1箇所」に発症します。

ちくちくとした痛みが患部に発生し、その症状がみらけてから1週間010日前後にピークを向かえ、それを超えると痛みは緩和されていくでしょう。

■ヘルペスの原因とは

口唇ヘルペスの場合には、直接感染はもちろんのことタオルやグラスなどを解して感染してしまうという事が原因となりうるのです。感染力が比較的に強いことから、日常生活の中で感染してしまう可能性もあります。性器ヘルペスの場合には、性行為によるものが大半であるといわれています。

また、口唇ヘルペスにもかかわらずオーラルセックスをすることによって性器に発症してしまうなどという事もあります。さらには、自らが口唇ヘルペスを患っているという場合、その唇を触った手で性器に触れてしまうと感染に及んでしまうということもあるようです。

帯状疱疹の場合、まずは「身体の抵抗力低下」です。加齢やストレスなどによって抵抗力が落ちてしまうとウイルスが活性化し、帯状疱疹が発症することもあるでしょう。さらには、「水痘状疱疹ウイルス」に対する免疫力低下です。子供のころに受けたワクチン接種の効果・水疱瘡にかかった時の免疫が低下してくる・日々のストレスなどが傘ねって発祥しやすいとも言われており、その年代は20代050代がピークといわれています。

さらには、皮膚のバリア機能が低下し帯状疱疹になるという原因です。具体的に言えばアトピー性皮膚炎から発症するなどという事です。他には白血病や糖尿病などが原因になることもあるでしょう。

■症状と原因を知る
今回はヘルペスの原因とその症状について考えていきました。それぞれによって発症の仕方や原因が異なってくることがお分かりいただけたかと思います。

単純ヘルペスウイルスのその他の症状について

単純ヘルペスによる症状は口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹ヘルペスがありますがそれ以外にもその他の感染症として症状を引き起こすこともありますので気をつけたほうがいいでしょう。具体的にはどのような症状があるのか見ていきましょう。

■ヘルペス角膜炎

単純ヘルペスウイルスによる悪さの一つとして、角膜炎があります。これは目の角膜に感染が及ぶものなのですが、目が傷んだり、涙目になったり、目が赤くなったりします。何回も発症すればだんだん目の視力が悪くなり、失明する事態にもなりかねませんので、角膜にヘルペスが感染した場合にはその都度適切な治療を受ける必要があるでしょう。

■ヘルペス脳炎について

ヘルペスが脳炎を引き起こすこともあります。発熱や意識障害、痙攣等の症状を引き起こしますし幻覚を見ることもあります。脳にヘルペスのウイルスが回ったことで起きるのですがめったにありませんが、注意は必要です。

■新生児ヘルペス

赤ちゃんがかかるヘルペスの病気です。主に母子感染をすることで起きると言われています。生まれてすぐ発熱をする、黄疸が強い、呼吸障害といった症状があらわれときには新生児ヘルペスを疑います。後に脳症に悪化するなど後遺症を残すこともありますし、死亡に到ることもありますので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の人は特にかかりやすいと言われているので注意が必要です。アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下していることから、ヘルペスウイルスに感染しやすいと言われているのです。ヘルペスの症状といってもそれぞれ特徴があり、どこの部分に感染するのかによっても違いがあります。

単純ヘルペスウイルスのその他の症状について

ヘルペスの単純ヘルペスウイルスで主なその他の感染をここでは紹介しました。